広報誌

すかい寮

2021/10/19

お菓子作り会(マリトッツォ)

お菓子作り会(マリトッツォ)

テレビでも今話題の人気スイーツに挑戦!!「マリトッツォ「」は生クリームをたっぷりとパン生地に詰め込み生クリーム好きには堪らないスイーツです。間にフルーツを詰めて出来上がり、皆クリームを口のまわりにつけながら美味しいと大満足でした。丁度、朝のテレビ番組で「マリトッツォ」の事をやっていたとの事で皆喜びも倍増でした。

記事を読む

すかい寮

2021/10/19

10月「わさび」と「からし」の茶道教室

10月「わさび」と「からし」の茶道教室

秋とは言え朝晩の冷えこみが一段と感じる季節をなりました。空気が冷えこみ、頭上の名月がまた一段と美しく見える今日この頃です。今月の掛け軸は「吾心似秋月」(わがこころしゅうげつににたり)『寒山詩』の中でも屈指の名句。自分自身に向き合い、心の奥底に見入る時、その凛として澄み切った清らかさは、まるで秋の月のようだ・・・これは、俗塵をはるかに離れた深山幽谷にあって、壮絶な枯高の道に生きる、その暮らしの中から溢れ出るような珠玉の言葉です。お菓子は満月。お花は吾亦紅、シュウメイギク、秋海棠、佐賀菊、紫式部。名月を感じながらのお茶会でした。

記事を読む

すかい寮

2021/09/28

9月「わさび」と「からし」の茶道教室

9月「わさび」と「からし」の茶道教室

急速にコロナの感染者が激減し、第5派が治まりつつある中、日没が早まり、アッという間に外が真っ暗になってしまう今日この頃です。今月の掛け軸は「水和名月流」(みずはめいげつにわしてながれる)美しい禅語です。まさに今の時期を表現するお軸です。自然の美しさを表現しています。水は流れていても、月は流れては行きません。水の流れに美しい月が映り込んでいる様子を表しています。月は、私達日本人にとって、秋という季節に直結している、直ぐにイメージできます。繰り返される季節の移り変わりの中から、我に固執する事なく、和して、お互いを敬う気持ちを持つと言う意味。花は秋名菊、友禅菊、木槿、紫式部、猫の髭。お菓子はきみしぐれ。秋の空気と爽やか風を肌に感じながらのお茶会でした。

記事を読む

すかい寮

2021/09/13

8月「わさび」と「からし」の茶道教室

8月「わさび」と「からし」の茶道教室

残暑厳しき折、一陣の風に涼を求める心境です。掛け軸は「花月半簾風」(かげつはんれんのかぜ)夏の夜の一陣の風により簾の隙間から月が見えるというという事でしょうか??簾により月が見え隠れする簾があることでかえって趣を感じます。月は悟り、簾は煩悩を表す。煩悩をありのままに受け止めた大きな悟りの境地を表している。お菓子は渦巻、お花はタカノハススキ、桔梗、猫の髭、樛木忍冬、木槿。暑さの中でも風情を感じながらのお茶会でした。

記事を読む

すかい寮

2021/08/02

たこ焼き作り

たこ焼き作り

夏の暑い最中、なんと?!たこ焼き作りをしました。皆、汗をかきながらの楽しみタイムです。熱いたこ焼きを「あっちっち」と言いながら食べるのもまた格別!!たこ焼きの具材は蛸の他にチーズ、ハムとバリエーションにとんでいました。

記事を読む

すかい寮

2021/08/02

「アラレちゃん」の刺繍

「アラレちゃん」の刺繍

我がすかい寮の刺繍が大の得意な加藤勇様、「アラレちゃん」に挑戦しました。とても素晴らしい出来栄えです。

記事を読む

すかい寮

2021/08/02

珈琲ゼリーバイキング

珈琲ゼリーバイキング

暑さマックスです!!ほろ苦い珈琲ゼリーと冷たいアイスクリームをたっぷりとのせて、暫し、「涼」を感じました。

記事を読む

すかい寮

2021/07/27

ミニポーチ作り

ミニポーチ作り

今回はステンシルで絵付けをしました。フクロウとお花の2種類のステンシルの型で絵付けをしました。何故かフクロウさんが大人気でした。フクロウは幸運を運ぶとか??皆、早くコロナ禍を無くしたいとの思いの様です。暑さの中、ガリガリ君を食べながらの制作となりました。それなりにカラフルに出来ました。早速、就労に行く時に使うと大喜びでした。

記事を読む

すかい寮

2021/07/27

7月「わさび」と「からし」の茶道教室

7月「わさび」と「からし」の茶道教室

梅雨が明けると夏到!!夏の早朝の爽やかさは何とも気持ち良く、活力漲る季節を感じます。7月のお軸は「葉々起清風」(ようようせいふうをおこす)意味は原典では竹の葉がさらさらと鳴り、さわやかな風を起こしている。友との離別の場面で、「葉々起清風」とあり、お互いが相手の事を思いつつ、感情のままに振る舞うのではなく、爽やかに最後の別れの時をむかえる。別れの清らかさに加え、そこに至る人との心と心で交流する事について思わされる禅語です。お花は丘虎の尾、おいらん草。花入れは蝉籠。お菓子は撫子。

記事を読む

すかい寮

2021/06/28

6月「わさび」と「からし」の茶道教室

6月「わさび」と「からし」の茶道教室

晴れ間もチラホラと天候不順な梅雨の時期。すかい寮、茶室は爽やかな空気が流れていました。掛け軸は「清影揺風」(せいえいかぜにゆらぐ)意味は月の光も澄み渡り、風のふくままそよそよと竹も影を伴い揺れている清々しい様子。お菓子は緑が美しい「青楓」の本葛の流し物。お花は破れ傘、キンシバイ、シーボルトが紹介した幻の紫陽花「七段花」と言うめすらしい花。梅雨の風物詩、紫陽花に心をよせて、この時期(コロナも含め)を乗り越えたいものです。

記事を読む

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2018年12月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2015年12月
  • 2015年10月
  • 2015年8月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年1月
  • 2014年10月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • Blogログイン